金策今すぐお金を作る方法!クレジットカード現金化優良店比較

仕事をするように分担して節約をする方法

チェックをつけてく手

節約を行っている方は、当然いらっしゃると思います。特にお子さんのいるご家庭では、節約は日常の1つなのではないでしょうか?節約をするには、ご家庭の1人1人に少なからず負担が出てきてしまいます。

そこで今回は、責任を分担する節約方法についてお話させていただきます。

1.節約の目的を立てることで意欲を保つ
節約を始めるにあたって、最も大切なことは節約をする目的になります。目的がない、なんとなく出費を抑えているが効果がいまいちわからない方は、多いのではないでしょうか。まずは、目的を立ててみましょう。

(1)旅行代を貯める
(2)ローンや借金を返済する
(3)将来のための費用にする

例えば(1)旅行代を貯めるは身近で楽しみにもつながる節約方法です、節約をする意欲も湧きやすいでしょう。

次の(2)ローンや借金を返済する目的は、より現実的な目的になります。車のローンやクレジットカードのローンは目的として立てやすいかと思いますが、住宅のローン返済目的では数10年単位の長期間の目的であることを覚悟しなければなりません。

そして、(3)の将来のための費用にする場合は明確な目的を立てることで、節約が長続きするポイントになります。例えば事業を始めたい、住宅を購入する、子どもが奨学金を借りなくても良いように学費を工面することは明確な目的となります。

2.節約の目標と方法を立てることで責任感を持てる
次に大切なことは具体的な金額の目標を立て、どのように節約するかの方法を考えることです。1つの例として、ご夫婦とお子さん1人の家庭が月10000円の節約を行い、1年間で120000円貯め家族旅行の費用に当てたいという目標を立てます。

月10000円は一般家庭においては、相当苦労を伴うの節約になります。節約に当たりご夫婦で役割を決めてみるのはいかがでしょう?現代は便利な家計簿アプリがあります。3ヶ月程度家計簿アプリにご夫婦それぞれの出費を入力し、その結果から無理なく節約できる項目を上げてみます。

例えば、旦那様が職場で購入する1缶130円の缶コーヒー代を1カ月間瓶入りのインスタントコーヒーにすること。この場合は130円×出勤日22日で2860円がインスタントコーヒー500円で済むことになり、2360円の節約になります。

衣服購入代や禁酒禁煙など大きな節約は1つの方法で節約できる金額は多くなりますが、節約する方の負担も増してしまいます。小さな節約を複数行うことで、責任を分担することができます。

3.節約の効果を『見える化』する
先程のような小さな節約を続けた結果、1カ月でいくらの金額が節約できたのか?この金額を明確にすることで「節約を続けよう」という気持ちを保つことができます。大まかに分担した節約の項目と金額そして合計額を次のように上げてみましょう。

・合計額12360円
・旦那様の缶コーヒー代 2360円
・奥様のおやつ代 2000円
・夫婦それぞれ1回の飲み会の辞退 8000円

そしてそれぞれが分担した項目に負担はないかの確認も行い、負担がある場合には目標金額を少なくする、項目を変えるなどの工夫を行ってみましょう。節約は負担がかかるものです。そこで具体的な目的‐目標‐方法‐結果の道筋を立ててみましょう。

ただ耐え忍ぶだけの節約に比べて、仕事のようでやりがいが出てきませんか?

金策今すぐお金を作る方法!| TOPへもどる↑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

キャッシング