金策今すぐお金を作る方法!クレジットカード現金化優良店比較

日本でのクラウドファンディングはどうなのか

指を指して笑顔の女性

IT先進国のアメリカでは、クラウドファンディングがかなり普及してきており、銀行の経営にも影響が出てくるレベルとなってきている。背景には、銀行の審査の厳しさにあります。

クラウドファンディングが出てきた当時、サブプライムローン問題で銀行の貸し渋りなどもあり資金需要の一端を担う代わりで、クラウドファンディングが普及した側面があるようです。

日本でも、かなり以前からクラウドファンディングがあるようで、アメリカの規模よりかなり小さいといえます。アメリカの場合、大手のIT企業が莫大な資金を投入し、借り手側の売り上げなどのレジシステムとリアルタイムで連動し、細かな審査から経営指導まで行うシステムを作り上げ、金利もこのシステムからリスクに応じて決まるようでです。

アメリカでのクラウドファンディングのいいところは、審査スピードが速いところである。金利は、銀行より高いもののスピード審査が段違いということもあり、中小企業に広がったようです。

日本のクラウドファンディングは、導入当時から変わらず仲介役の企業が投資家と借り手を募り、公募のような昔ながらのシステムとなっています。しかし、災害にあった企業の資金需要先としてマスコミでも注目されているうえ、アメリカのクラウドファンディングに興味を持った銀行や大企業が研究を始めるなど、日本でも広がる可能性がたしかにあるようです。

しかし、日本には多くの銀行やサラリーローン会社が乱立していて、カードローンなら枠があるもののすぐに借りることもできるのが実情である。借り手側の審査も、審査の協会に加入していれば、ある程度の個人情報やブラックリストが手に入るため、アメリカのようなシステムが本当に必要かは疑問となります。

また、企業側もアメリカのような大規模なシステムを作るとなると、マイナス金利で先行きが厳しい銀行にとっては二の足を踏んでいるうえ、金融の規制が厳しい現状もあるようです。

日本のクラウドファンディングの取引において、借り手側の審査の問題もあるようで、貸し倒れを貸し手側がもろに引き受けるクラウドファンディングのシステムが、日本の投資家にはあまり人気がないようです。
IT技術が新しい金策方法を生み出して、安全に借り手側が資金重要も賄い、貸し手側が安全に貸し手側が資金を運用できれば、マイナス金利の現状を考えれば貸し手側のメリットも大きく、クラウドファンディングの信用がどこまで確実なものになるかが、新しい技術によるシステム向上するかが、普及の鍵となります。

金策今すぐお金を作る方法!| TOPへもどる↑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

キャッシング