金策今すぐお金を作る方法!クレジットカード現金化優良店比較

キャッシュカードとお金の関係

手でバッテンマークをする女性

私たちは何かとお金を必要とするときによくキャッシュカードを利用します。それはATMが普及し始める前までは銀行の通帳を窓口に見せて、必要事項に項目を記入しないとお金は下ろすことはできませんでした。

お金をおろすだけなのにも関わらず、30分以上も待たされた事例もあるぐらいですのでATMがない時代は到底不便でした。

それがATMが普及し始めると、通帳を銀行の窓口に見せて必要事項を記入しなくてもいいもの、つまりキャッシュカードが登場するようになりました。ATMにキャッシュカードを入れておろしたい金額を入力するだけで5分もしないうちに手続きが終わって、必要なお金を手にすることができます。

しかし、基本的にゆうちょ銀行以外の銀行では平日以外で取引すると『手数料』が発生します。
一度の取引で108円、場合によってはその倍の金額が自動的に引き落としされます。

一見便利なキャッシュカードを使って逆にお金を請求されることは、冷静になって考えるとぼったくりとまでは言いませんが、一般庶民にはもったいないことであると思います。

それらを含め今日までにキャッシュカードによる取引が日常生活の一部となっていることもまた事実です。
だがその反面、キャッシュカードが犯罪に使われているケースが年々増えてきています。

例えばキャッシュカードの盗難や、その磁気情報を不正な手段で読み取る『スキミング行為』、そしてATMに誘導して主に高齢者を騙す「特殊詐欺」などの犯罪行為が社会問題化しています。

こうした問題における対策としては、ATMが設置されている空間の中で詐欺防止の大きなポスターを貼ってある所や、キャッシュカードによる取引金額に一定の制限を設ける、などの対策をとっている所もあります。

さらに、バイオマス認証の技術を生かした『本人』でなければお金をおろすことができない新しいキャッシュカードの開発に取り組んでいる所まであります。

仮にそれが実用化されれば、盗まれたとしてもおろすことはできないということや、スキミング行為によっても勝手にお金をおろすことは不可能となるでしょう。

金策今すぐお金を作る方法!| TOPへもどる↑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

キャッシング